測量部門

従来より行ってきたトータルステーションによる測量に加え、国土交通省が推進するi-Constructionに追随し、3Dレーザースキャナ, UAVおよびナローマルチビームによる深浅測量を使用した3次元計測技術を導入し、次世代の測量技術に取り組んでいます。

< 3Dレーザースキャナ >

スキャナー本体よりレーザを360度照射し、構造物や地物の3次元座標を点群データとして取得します。これらを基に道路・橋梁・トンネル・電気施設などの高精度な3次元のモデリングが可能となり様々な業務に活用できます。

使用機材:ライカ社 ScanStation(スキャンステーション )P40

< UAV / 無人航空機 >

UAVとは「Unmanned Aerial Vehicle」の略で、無人で飛行する航空機の事です。通称として、ドローンと呼ばれるものです。UAVで上空から撮影した写真を3D解析し、3次元データを作成します。災害時や立入りが困難な場所の測量に威力を発揮します。

使用機材:DJI社 Phantom(ファントム)4

 

< ナローマルチビーム深浅測量 >

従来行ってきたシングルビーム測深機による深浅測量に代わり、ナローマルチビーム測深機により広範囲を効率よく観測し、水底地形の3次元データを作成します。

使用機材:オキシーテック社 CARPHIN(カーフィン)

< その他 >

  • 基準点測量······ GNSS(スタティック、ネットワーク型RTK観測)
  • 現地測量······ 電子平板によるCAD平面図作成
  • 路線測量······ 道路改良, 河川改修などに伴う中心線, 縦横断測量
  • 用地測量······ 公共用地等の取得に伴う用地測量

投稿日:

Copyright© 中国工務株式会社 , 2018 All Rights Reserved.